ゴールドマン・サックスの理事M.Michele Burnsは、新たなビットコイン・ペイメント・プロセッサーのサークル・インターネット・ファイナンシャルの取締役会に参加し、デジタル・カルチャーへの関心を示すために、

この動きは、他の大国がその使用を阻止しようとしているときに、金融主流の米国でのビットコインの受け入れを可能にします。

Burns氏はシスコシステムズの取締役でもあり、以前はWal-Mart Stores Inc.のボードに座っていました。財務業界への関与は1981年に戻り、エグゼクティブバイスプレジデント兼最高財務責任者Marsh&McLennan、コンサルタント会社Mercerの会長兼CEOを務めています。

彼女は民主党政治家のアル・ゴアとヒラリー・クリントンを支持し、アトランタ交響楽団とエルトン・ジョン・エイズ財団の理事会に参加し、スタンフォード・センターの長寿戦略顧問でもある。

Circleは、昨年10月に発売されて以来、大手投資家に人気があり、Jim Breyer、Accel Partners、General Catalyst Partnersなどの有名なハイテク投資家からビットコム社に900万ドルの投資を記録した。

2001年にMacromediaによって買収される前のColdFusion開発言語の作成者であるBrightcoveとAllaire Corporationの元CEO、Jeremy Allaire氏は、CircleのCEOです。

Bitcoinは「完全に変形的」電子メールやSkypeと同じくらい重要な技術です。 Circleは、BitPayやCoinbaseに似たビジネスや規制当局に優しい支払い処理を目指していますが、まだそのサービスを完全には明らかにしていません。アライアーはまた、11月の米上院委員会のビートコウンに関するヒアリングにも立ち向かい、ビッグコインは規制環境の現実に立ち向かう必要があると述べたが、ハイテク部門の他の新興企業に比べて金融サービスの規制負担が大きすぎると示唆した。