デジタル通貨交換のスタートアップCoinbaseは、内国歳入庁による顧客の一部に関する情報を入手するための裁判所の努力を再開しました。

今月初めに、IRSは、Coinbase自身だけでなく数人の顧客から反対派に挑戦して、新興企業の顧客調査の範囲を狭めようとした。紛争は、2013年から2015年の間Coinbaseからのユーザー記録を取得するため、税務機関が最初に裁判所に出頭した11月にさかのぼります。

最終的に、IRSは裁判所に、それらの年の間に少なくとも20,000ドルの事業を行った者。しかし、7月27日に裁判所に提出されたCoinbaseは、依頼が過度に広範であり、真剣な調査努力ではなく合法的な納税者を犠牲にして「漁業探検」に過ぎないと主張した。

実際、IRSの召喚に対する議論の1つの角度は、税務機関が主にデジタル通貨政策の批判を後押しすることに興味を持っているということです。

Coinbaseの弁護士は、野党の提出書類に次のように書いています。

「議会の批評家、財務会計室、財務省からの圧力を受けて、IRSはより良い政策を立てるようIRSに要請しました。デジタル通貨税の報告に関する規則、データ、手続きを踏まえて、IRSが問題を無視し続けるのではなく「厳しい」行動をとっているとの批判を示すために、CoinbaseにJohn Doeの召喚状を発出することにしました。 > Coinbaseは、狭められた召喚の下で、およそ14,355のアカウントがデータ要求の対象となると言っています。

Coinbaseの内部監査責任者であるJeff Cartwrightによる補足資料によると、これらの口座のうち178件が2013年から2015年にかけて累積販売、送付、受取(買物を除く)で60,000ドル未満でした。 >スタートアップは最終的に、召喚令状を実施する税務当局の請願を裁判所が却下することを裁判所に要求した。さらに、Coinbaseは、顧客が税金を回避しようとしているという証拠の欠如と考えてIRSに批判し、証人の聴聞会を求めている。

「政府は現在、その要求を「狭め」ているが、その主張を支持する証拠はなく、それがなぜそうしたのかについての説明はない」と同社の弁護士は書いている。

開示:

CoinDeskは、Coinbaseの所有権を有するDigital Currency Groupの子会社です。

CoinDesk(Scribd)の 46-main

Shutterstockによる正義の像