急速に増加する需要に対応するため、IBMはBaruch College、フォードハム大学、アーカンソー大学、バッファロー大学、ブリティッシュ・コロンビア大学と提携し、一連の補助金、デザインブロックチェーンカリキュラムなどを確立しています。

さらにIBMは、IBM Academic Initiativeに新たなブロックチェーンリソースを追加しました。これは、世界の大手企業から1,000の大学にリソースを開放する野心的な取り組みです。

しかし、IBMの新しい試みは、新しいブロックチェーン業界の才能を養成するための一連の努力のうちの最新のものに過ぎません。

IBM BlockchainのゼネラルマネジャーであるMarie Wieck氏は、All4bitcoinへのベータ版のリリースの結果について説明しました。

「我々は既に非常に肯定的な回答を得ています」

Wieck氏はまた、プログラムがIBMの技術をどのように活用するかについて詳細を明らかにした。

まず、自社独自の分散元帳技術であるIBM Blockchain Platformは、大学カリキュラムの一部を構成し、学生がアクセスできるようになります。

さらに、プロジェクトに参加する大学には、IBM Cloudへの6か月間のアクセスと、IBM Blockchainクラウド・サンドボックスの使用が提供されます。

そして、そのスキルがコースの卒業生によってどのように使われるのかを見るのがますます容易になっています。

同発表は、IBMがWalmartなどの大手企業との食糧連鎖コンソーシアムであるIBM Blockchain Platformを正式に立ち上げ、Hyperledger Fabricを使用した新興企業への投資を目的とした初めてのスタートアップ・アクセラレータを発表したのと同じ日に発表された。

シャッターストックによる学生ロッカー画像